【展覧会】
「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2015-2017─漂泊する想像力」
2017年5月27日[土]− 8月27日[日]

原美術館が2003年からパートナーをつとめる「メルセデス・ベンツ アート・スコープ」は、日本とドイツの間で現代美術アーティストを 交換して交流をはかるメルセデス・ベンツ日本の文化・芸術支援活動で、1991年から続いています。 本展に参加する3名は揃って新作を発表します─泉太郎(いずみ・たろう/2016年ベルリンへ派遣)はどこか不思議な映像インスタレーションを、 メンヤ・ステヴェンソン(Menja Stevenson/2015年東京へ招聘)は「Japan」の現在と伝統の中から着想を得た写真やモノタイプなど多彩な作品を、 そして招待出品の佐藤時啓(さとう・ときひろ/1993年「アート・スコープ」に参加)は、90年代に一度作品化した東京の街を再び(しかし違う手法で) 撮影した写真作品で、過去と現在を対置します。 作風・スタイルは異なりますが、3名のアーティストはいずれも本展に向けた制作のためにカメラを持って街へ出ました。 東京あるいはベルリン─街の中を漂泊するアーティストの想像力が創り出す三者三様の世界をご鑑賞ください。
本展詳細は
こちら

田原桂一「光合成」with 田中泯
2017年9月9日[土]-12月24日[日]

1970年代から一貫して《光》の探究を続け、国際的な評価を得た写真家・田原桂一は、惜しくも病のため本年6月に他界いたしましたが、 亡くなる直前まで本展の準備に力を注いでいました。今回展示する写真作品46点は、世界的に活躍するダンサー・田中泯との類まれな コラボレーション(1978〜80年および2016年)の中から選び抜いたもので、展覧会の形では日本初公開となります。その《場》の光や 空気を受け止め自らの身体で表現する田中泯。その姿を、色彩を一切排して純粋に光と影の織り成す鮮烈なイメージへと昇華させる田 原桂一。二人の表現者が切り結んで創り出した、緊張感あふれる美しさが圧倒的です。会期中には田中泯のソロダンスパフォーマンスも 行います。本展詳細はこちら

【展覧会関連イベント】
田原桂一展 田中泯 オドリ 2017年9月30日[土]
11月18日[土]
12月23日[土・祝]
いずれも19:00-
本企画詳細は
こちら

【イベント】
小尻健太ダンスワークショップ&ソロパフォーマンス
小尻健太はクラシックバレエで高い評価を受け若くして渡欧、その後世界的な振付家、 イリ・キリアン率いるコンテンポラリーダンスカンパニー「ネザーランド・ダンス・シアター」 に初の日本人男性として入団、数々の先鋭的な作品を踊ってきました。その流れるようなダンス、 豊かな表現力は観客を魅了し続けています。2010年からはフリーランスとなり、国内外の公演に客演しながら、 自らの創作・公演・教育活動に力を入れています。原美術館では、ダンスがどのように創造されるのかを体験するワークショップを6月に、 「“セルフポートレイト”(習作)をダンスで表現したい」と語る小尻が身体一つで取り組むシンプルで意欲的なパフォーマンスを8月に行ないます。

小尻健太ワークショップ「からだでえがく」(予約制、申し込み先着順)
2017年6月17日[土]、18日[日]
風景や作品を見てからだでスケッチしてみましょう。そしてそれぞれの感性で、語るようにからだで空間に絵を描いていきます。 クラシックバレエとコンテンポラリーダンスをベースに「想像/創造すること」の面白さを体験してみませんか。 ダンスに接する機会の少ない方にこそ体験していただきたい、どなたにも開かれたワークショップです。
*終了

小尻健太ダンスパフォーマンス「Study for Self/portrait」(予約制、申し込み先着順)
2017年8月19日[土]、20日[日]
経験とともに変化してきた身体を見つめてその記憶に向き合い、「セルフポートレイト」(習作)を身体で語ります。 劇場とは異なる親密な空間でシンプルに描き出す一人の人間像。小尻健太の研ぎ澄まされた表現をぜひお楽しみください。
本企画詳細は
こちら

*小尻の「尻」の字は正式には尸に丸と書きます。

インフラ INFRA プレゼンツ 竹村延和コンサート「時の受容」 at 原美術館 (PassMarketにて予約制)
2017年 8月25日[金]、26日[土]
「インフラ INFRA 2017」音楽とアートの国際フェスティバル関連プログラムとして、 世界的にアート、音楽などの多方面で評価を集めるアーティスト/作曲家、竹村延和(たけむら・のぶかず)を迎え、 原美術館にて新作「時の受容」のコンサートを開催いたします。
本企画詳細はこちら

原美術館へ戻る