【展覧会】

田原桂一「光合成」with 田中泯
2017年9月9日[土]-12月24日[日]


1970年代から一貫して《光》の探究を続け、国際的な評価を得た写真家・田原桂一は、惜しくも病のため本年6月に他界いたしましたが、 亡くなる直前まで本展の準備に力を注いでいました。今回展示する写真作品46点は、世界的に活躍するダンサー・田中泯との類まれな コラボレーション(1978〜80年および2016年)の中から選び抜いたもので、展覧会の形では日本初公開となります。その《場》の光や 空気を受け止め自らの身体で表現する田中泯。その姿を、色彩を一切排して純粋に光と影の織り成す鮮烈なイメージへと昇華させる田 原桂一。二人の表現者が切り結んで創り出した、緊張感あふれる美しさが圧倒的です。会期中には田中泯のソロダンスパフォーマンスも 行います。本展詳細は
こちら

現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展
2018年1月6日[土]-6月3日[日]

前期:1月6日[土]-3月11日[日]/後期:3月21日[水・祝]-6月3日[日]
*展示替え休館:3月12日[月]-20日[火]

原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を傾け、 様々な展覧会を開催する一方、コレクション活動にも力を注いできました。本展は、ひとつひとつ丹念に収集した1950年代以降の絵画、立体、写真、 映像、インスタレーションなど所蔵作品約1000点の中から、原が初めて自ら選びキュレーションするコレクション展示です。1970年代後半より80年 代前半までの初期収蔵作品を主とする前期、企画展の開催などをきっかけに収蔵された作品を主とする後期の2期に分け、約40年に渡る原美術館の活 動の一端を紹介します。本展詳細はこちら


【展覧会関連イベント】

田原桂一展 田中泯 オドリ
2017年9月30日[土]
11月18日[土]
12月23日[土・祝]
いずれも19:00-
本企画詳細は
こちら

【イベント】

向井山朋子 ピアノコンサート カント・オスティナート 「人生を変えてしまうメロディー」
2017年10月13日[金]、14日[土]、15日[日]
世界的に活躍するピアニスト・美術家 向井山朋子を迎え、オランダの作曲家シメオン テン ホルト(1923-2012)の名曲「カント・オスティナート」(1976)をご紹介します。
本企画詳細は
こちら

+ Peter Burr 芸術・アニメーション/ピーター バー 作品上映&レクチャー
2017年 11月11日[土]
コンピューターアニメーションやインスタレーション作品が、各国の映画祭、SFMoMAやドクメンタ、ホワイトチャペル・ギャラリー等の美術館やアートスペースで展示/上映されるなど、近年ますます注目を集める、ブルックリン出身のピーター バー。日本初のピーター バー特集となる本企画『+ Peter Burr』では、代表作品5つを一挙に上映します。 また、上映前のレクチャーでは、作品や活動についてご自身からお話をお聞きします。
本企画詳細はこちら

原美術館へ戻る